2007年05月24日

ほろ苦い話。

庭から母が慌てた様子で私を呼ぶので、何事かと思ったら、蛍が一匹庭に迷い込んでました。近所産の蛍なんか、てっきり絶滅したと思ってた!
アブラゼミを手掴みできる母なのに、こういったいたいけな虫を捕まえて逃がしてやるのは苦手らしい。(確かにすぐに潰れてしまいそうだ。)とりあえず住処と思われる用水路のそばに放してやりました。まだ他の仲間はいない感じでした。

昔私がガキンチョのころなんかは、その用水路の側で蛍が乱舞していて、ばあちゃんと一緒に箒で捕まえたものです。
ここ四年は見てませんが、最近は見かけなくなってます。コイツがもしや最後の一匹なんじゃなかろうかと思うと、ちょっとほろ苦い気分になりました。

でも今年は雨で餌の貝が流されてない分、いっぱいいるところでは例年以上の蛍の乱舞が見られるそうですね。

できるなら、また箒で捕まえてみたいもんです。




posted by 永遠 at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。